メインイメージ 推奨サイズW800×280px

おまとめローン。保証会社と過払い請求との関係とは


おまとめローンは、複数ある借金をひとつにまとめるためのローン商品です。
まとめる理由としては複数ある返済日を一本化することとまとめることで、
金利負担を下げるというものがあり、借金を完済するための最初の手段といえます。

おまとめローンを提供しているのは銀行や消費者金融ですが、
銀行が提供しているおまとめローンの多くは、保証人として保証会社を入れているのが一般的です。
この保証会社は、おまとめローンで借金を一本化したにも関わらず返済が不能になった場合には、
その債務を保証するというもので、仕組み上、銀行には損害が出ないようになっています。

このようなことから以前に比べて銀行の審査が通りやすいといったメリットがあります。
一方で、おまとめローンを行うさいにも注意が必要です。
借金をまとめるために借金をすることになりますが、
借金を返済すると過払い請求をする権利を失うケースがあります。

もちろん、おまとめ後に過払い請求をすることも可能ですが、すでに完済している状態であるので、
取り合ってもらえないケースもあります。
また保証会社には消費者金融がなっていることもあり、
このさいに借入先を乗り換えることで、過払い請求がしにくくなります。